人気ブログランキング |
山野井泰史講演会を経て
先週の土曜日に行ってきた。

私が感想を言うのはあつかましい感があって、書いていなかったが、

素直に的はないが、いろいろ思ったことを書いて見ようと思う。


6時開場の4時半くらいに着いた。

もう20~30人明らかトレッキング帰りの年配者。

それをよそに天満橋辺を散策。

世間はクリスマス。

テナントビルは女性用の服、小物、化粧品、が大半を占めていた。

久々の都会のジャングルを冒険した。


5時半に戻ると人が溢れかえっていた。

驚異の800人。

スタッフがしっかりしていて、スムーズに入場。

サイン本が売ってるらしいので、見に行くとジムの元会員さん。

久しぶりに会って嬉しかった。


スライドを見ながら山のエピソードを聞いた。

山のすばらしさ、彼の生きざま、ぶっきらぼうなしゃべり、

笑いもあり、2時間があっという間に過ぎた。


帰りの車で、エイキ君に彼の補足説明も聞いて、すごい人なんだと再認識。

人のマネをするのは簡単。

人のしていないことをする。

自分の気に入った山だけを登る彼。

考えさせられた部分も大きい。


自分の趣味にしようと作ったボルダリングジム。

バイク、スキー、アウトドア、ゲーム、飲み会、パチンコ、など

いろんな好きなことの一つだったが、最近はジムと外岩。

自分の趣味だからそれで良いと思う。

しかし、それが周りのお客さんの人生をも変えていっているのに驚いている。

仕事を変えたメンバー、住まいを変えたメンバー、岩に魅了されたメンバー、登りすぎで故障するメンバー。

選んだのは本人だが、責任を感じる私。

だが、責任は取らない。わがままな私であり続けるだろう。

そして、いつか天罰がくだるだろう。
by skyboxno | 2011-11-16 10:34 | あしあと


<< 工場の冬支度 ごじょじゅ一級 >>